【2022年9月】1分でできる!妊婦・ママ向け無料キャンペーンはこちら!全員もらえるオムツなど≫

授乳フォトは気持ち悪いとドン引きされる⁉頭おかしいと言われる理由と対策を紹介

授乳フォトは気持ち悪いとドン引きされる⁉頭おかしいと言われる理由と対策を紹介
  • 授乳フォトが気持ち悪いと言われる理由
  • 授乳フォトでドン引きされない対策
  • 著名人の授乳フォトの事例
  • 授乳フォトのおすすめ撮影スタジオ

授乳フォトに興味があるけど、「授乳フォト」で検索すると「授乳フォト 気持ち悪い」「授乳フォト 引く」という否定的な意見がでてきてしまい不安になりますよね・・・。

そこで本記事では、SNSなどの呟きなどを参考に、授乳フォトが気持ち悪いと言われている理由や気持ち悪いと思われない対策について調べました。

記事の最後には、授乳フォトにおすすめなスタジオ「スタジオマリオ」を紹介しています。

編集長

本文には著名人の授乳フォトの写真も引用しているので、想像を含ませながら読んでみて下さい✨

また、産後のプレママ期間は無料プレゼントがたくさんもらえるボーナス期間です✨

  • ブランドコラボの子羊ベビーソックス
  • ベビー消耗品13品セット
  • ファミリアとコラボの離乳食食器
  • ブランド限定のスタイ
  • Amazonギフト券 など

プレママ特典の一部

Amazonベビーレジストリの無料プレゼント
「hakka baby ベビーソックス」
れんじ_資料請求2
楽天ママ割のサンプルボックス無料プレゼント
カラダノートのバーバパパおむつポーチ
ミライコイングリッシュ_無料サンプル

まだゲットしていない人は、できるだけお早めに貰っておくのがおすすめです✨

妊婦ママ向けの無料キャンペーン一覧」でお得情報をまとめています。

編集長

だいたい1~2分でできる応募フォームや資料請求等ですぐにもらえます✨

目次(クリックで飛べます)

授乳フォトとは?

授乳フォトとは、授乳中(哺乳瓶も含めれる)の赤ちゃんとママ・パパの姿を記念に残すために撮影する記念写真です。

気持ち悪いなどの否定的な意見はみられますが、赤ちゃんの食事中と育児的な面でとらえる人もいるようです。

長い子育て期間の中で、赤ちゃんが授乳しているのはわずかな時間。

この貴重な時間を写真に残しておきたいママやパパから人気の記念撮影になっています。

そんな授乳フォトですが、言葉は知っているけど、世間からどう思われているか不安な人もいるかもしれません。

そんな人は本記事を参考に授乳フォトの理解を深めていきましょう。

授乳フォトが気持ち悪いと言われる理由

授乳フォトはなぜ「気持ち悪い・引く」と思われるのか、否定的な意見を解説していきます。

他人にみせるものではない

他人にみせるものではないと思う人は、授乳フォトを撮る事に対しては否定的ではなく、写真を公開することに対して否定的な人です。

たしかに、赤ちゃんが授乳しているところは、関係ない人からすると、みたくないものの対象になることも理解できます。

しかし、昭和から平成と子育て世代が変わってきており、「写真撮影」は身近になってきた世代です。

授乳フォトの記念撮影に否定的な意見を持つ方は減ってきているかもしれません。

その結果、SNSに投稿せず、記念撮影として残す人が増えてきている可能性も考えられます。

あんがい、写真撮影が気持ち悪いと思っている人は少ないのかもしれないですね。

胸元を露出しているのがはしたない

授乳フォトに限らず、SNSに胸元をさらけ出しているのを「気持ち悪い」と思う人がいます。

たしかに、SNSで胸の写真を投稿している人がいたら「はしたない・下品だ」と思ってしまうかもしれません。

胸を露出するのが生理的にうけつけない人もいることは理解しておきましょう。

授乳フォトのデメリット

実際に授乳フォトがきっかけに起こるデメリットを調べてみました。

ほとんどのデメリットは、授乳フォトの撮影が原因ではなく、SNSに投稿することが原因で起きます。

安易にSNS投稿をしてトラブルに巻き込まれないように確認しておきましょう。

SNSのトラブルにつながる

授乳フォトが気持ち悪いと言われる理由にもあげた通り、SNS投稿に否定的な意見を持っている人もいます。

そんな人の中には、「早速フォロー外した」などの投稿もみられ、SNSトラブルに発展することも考えられます。

フォロワー数を気にしている人やどうしてもフォローを外されたくない人がいる場合は要注意です。

性的な目でみられる可能性がある

SNSに投稿することによって様々な人の目に留まります。

投稿した人は「幸せな時間の共有」という意図であげたのにも関わらず、「性的な目でみる」人もいるかもしれません。

たしかに、世の中には偏った趣味を持っている人もいます。

怖い思いをするかもしれないのは理解しておきましょう。

誹謗中傷される可能性がある

授乳フォトのデメリットでもあげた通り、否定的な意見を持っている人が多いことは分かります。

SNSに投稿すると、思いがけないリプライや誹謗中傷が飛んでくるかもしれません。

実際にTwitterで「授乳フォト」で検索すると、心無いtweetをみかけることもあります。

SNSにリプライに制限をかけるなどの対策はとっておいた方がいいですね。

授乳フォトのメリット

「授乳フォト撮ろうと思っていたけど、デメリットしかないな・・・」「怖い思いもしたくないし・・・」

そんなことを思っている人もいるのではないでしょうか。

しかし、授乳フォトはデメリットだけではなく、メリットもあります。

授乳期間を記念に残せる

スマートフォンの発達により、写真を残す機会は増えましたが、写真を現像して残す機会は圧倒的に減りました。

思い返すと、「あの時写真撮ったけど、どこらへんにあるんだっけ」と何度も写真フォルダをスクロールした経験がある人もいるかもしれません。

だからこそ、妊娠や授乳などの人生のイベントは写真を残し記念に保管することで、普段味わえない楽しみも増えていきます。

また、写真に残すことでいろいろな場面で利用する事ができます。

  • 家に飾る写真
  • アルバムの中に保存する
  • 遊びに来た人に自慢する

普段はデータ上の写真でも、こんな時こそ「写真をノコス」を体験してみるのもいいかもしれません。

大きくなって見返すことができる

家の中に飾ってある小さな写真たては、みているだけで微笑ましい気持ちになってくることがあります。

授乳の期間は貴重ですし、大きくなって見返すために撮影すれば一生の思い出に残ります。

乳離れしたときに「あのとき撮影しておけばよかった。」と思っても戻ることはできません。

貴重な期間を棒に振らないためにも見返す用の写真は、思い出として残しておくのがおすすめです。

授乳フォトを気持ち悪いと思わせないための対策

授乳フォトのメリットは理解したけど「やっぱり、周りから気持ち悪いと言われるのは嫌だな」

そんな人のために周りから気持ち悪いと言わせない対策について紹介していきます。

家族や身内でみるために撮影する

できれば、授乳フォトはSNSに投稿せずに家族や親戚、仲の良い友人とだけ楽しむのが一番です。

インスタやTwitter等のSNSにアップすると、「授乳フォトをSNSに投稿するなんてはしたない」「興味ないからフォロー外そう」という意見が出る可能性もあります。

授乳フォトを一生の思い出として残すことが目的であれば、SNSに投稿しなくても問題ありません。

SNSトラブルに巻き込まれないためにも、自分たちの中だけにとどめておくことがおすすめです。

SNSに投稿する際はアカウントを別に作成する

「どうしてもSNSに投稿したい」「周りの人にみてもらいたい」という人は、育児アカウント等の別アカウントを作るのがおすすめです。

別アカウントをつくり、鍵垢等の対策をして、興味がある人だけに見てもらえれば、トラブルを避けることができます。

また、鍵垢にしたくない人でも、フォロワー外からのリプライ禁止等の設定をすれば心無いリプライも防ぐことができます。

SNS投稿する前に設定の確認は行っておくといいですね。

既存アカウントの投稿は露出が少ないものにする

「既存アカウントでどうしても投稿したい」「いまのフォロワーに伝えたい」などの強い思いがある人は、なるべく露出の少ないものがトラブルを減らすことができます。

また、下記の機能を利用すれば特定の人だけに投稿を見せることも可能なのでおすすめです。

  • インスタのストーリー(親しい人限定)
  • Twitterのサークル機能(興味がある人だけ紹介)

「見たい人だけに見せる」ことに注意すれば、既存アカウントでも投稿は可能です。

著名人の授乳フォトの撮影事例

実際に「授乳フォトに興味がわいてきたけど、どんな感じの仕上がりになるの」と思う人もいるかもしれません。

そんな人のために著名人で授乳フォトの撮影をしている事例を紹介していきます。

王道授乳フォト

道端アンジェリカさん

hoskelsaさん(海外セレブ)

深田恭子さん

近年SNSでみかける授乳フォト

近年SNSでみかける授乳フォトとして、哺乳瓶での授乳フォトの撮影があります。

哺乳瓶での授乳フォトの撮影は、SNS投稿用として最適な写真です。

胸元を露出しているような写真ではなく、コメント欄も否定的なコメントはあまり無い印象でした。

深田恭子さん

また、授乳フォトはママだけが行うものではなく、パパが哺乳瓶で行うものもあるようです。

パパさんの活躍を残しておくのにも授乳フォトはいいかもしれません。

おすすめの授乳フォト撮影場所はスタジオマリオ!

「授乳フォトに興味がわいてきた」「授乳フォト撮ってみようかな」と思われた人の中にはどこで撮影すればいいんだろうと思う人もいるかもしれません。

そんな人におすすめなのがスタジオマリオです。

スタジオマリオは写真撮影のコスパが良く誰にでもおすすめできる写真スタジオになっています。

スタジオマリオと比較される「スタジオアリス」も人気ですが、スタジオアリスは写真のデータ量が高くコスパが悪いです。

具体的に3枚の画像データが欲しい場合を想定してみます。

  • スタジオアリス:合計16,500円(1枚5,500円)
  • スタジオマリオ:合計5,500円(全てで5,500円)

1枚の画像データが加算されるごとに5,500円を払うのは家計にも響きます。

関連記事:スタジオアリスのお宮参り料金を安く済ませる裏ワザ|画像データ付きお得戦略【2022年】

授乳フォトをスタジオで撮影しようとしている人は参考にしてみて下さい。

授乳フォトは気持ち悪い?まとめ

授乳フォトが気持ち悪いと言われる原因は「胸元をだしていてはしたない」「他人に見せるものではない」等の意見がありました。

不用意にSNS投稿するとトラブルに巻き込まれる可能性もあります。

SNS投稿するときには下記の2つに注意して行いましょう。

  • 育児アカウント等の別アカウントの作成
  • 露出の少ない写真の投稿

デメリットの一方で、「授乳期間を記念に残せる」「大きくなってから見返すことができる」などのメリットもあります。

スタジオマリオ」なら画像データは追加料金を払う必要がありません。

家族で見返す用・SNSに投稿するようなどの用途を分けて撮影してもらうのもいいかもしれませんね。

Let’s Share
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

「enjoy!ままメソッド」管理人です。育児や家事全般、ポイ活や無料キャンペーンなどお得情報を定期的に発信します。

目次(クリックで飛べます)