【2022年12月】1分でできる!妊婦・ママ向け無料キャンペーンはこちら!全員もらえるオムツなど≫

ロンパースはいつからいつまで着せるの?おすすめの種類や着せ方・選び方を紹介

ロンパースはいつからいつまで着せるの?おすすめの種類や着せ方・選び方を紹介
  • ロンパースはいつから着せる?
  • ロンパースはいつまで着せる?
  • ロンパースはの種類や着せ方・選び方

おむつ替えもしやすく、お腹が冷える心配もなくなるロンパースは、ママも赤ちゃんも安心して利用できる魅力があります。

しかし、「ロンパースはいつからいつまで着せるの?」と疑問を抱えている方もいるのではないでしょうか?

また、ベビー服にはロンパースに似ているボディスーツなど、さまざまな種類があります。「どれを着せればいいの?」「寝るときも着ていいのかな?」とはじめての育児だとわからないことも多いものです。

そこで今回は、ロンパースの種類や着せ方、ロンパースをいつからいつまで着るのかを紹介していきます。

また、ロンパースの選び方のポイントと、記事後半ではおすすめのロンパースも紹介します。

編集長

これからロンパースや赤ちゃんの服を用意をする予定の方はぜひ参考にしてみてください。


また、別記事では「妊婦・ママ向け無料プレゼント紹介」についてもまとめています。

編集長

無料でもらえるママ向けプレゼントがいっぱい✨

例えば、これらのベビーグッズは基本的にタダでもらえます✨

  • ファミリアコラボの離乳食食器セット
  • ブランドベビースタイ
  • ベビー消耗品13品セット

無料プレゼントの一部

Amazonベビーレジストリの無料プレゼント
「hakka baby ベビーソックス」
れんじ_資料請求2
楽天ママ割のサンプルボックス無料プレゼント
カラダノートのバーバパパおむつポーチ
ミライコイングリッシュ_無料サンプル

筆者なりに調べまして、厄介な勧誘がないものを選んでいますのでご安心を!

プレママ期間はたくさんのアイテムが無料でもらえる貴重な機会!このチャンスをのがさないようにしましょう✨

目次(クリックで飛べます)

ロンパースとは?

ロンパースとは、トップスとボトムスがつながったベビー服のことをいいます。

着脱しやすいように作られているのが特徴で、赤ちゃんがたくさん動いてもはだける心配がありません。

編集長

ロンパースは、まだ首が座っていない新生児の頃から、ハイハイで動き回るようになる時期まで長く活躍してくれます。

ロンパースの種類

ロンパースには、前開きタイプとかぶりタイプがあります。

前開き・横開きタイプ

赤ちゃんのお腹側にボタンがたくさんついているのが前開きタイプです。

横開きタイプは、前面ではなく横にボタンがあるタイプです。用途は前開きタイプとあまり変わらないので、お母さんの使いやすいタイプを選びましょう。

前開きタイプは、赤ちゃんを仰向けに寝かせた状態のまま、ボタンを外して素早く着替えさせられるのが特徴です。

肌着とお出かけ用の赤ちゃん服も前開きタイプを選んで、外出先ですぐに脱がせられるように工夫しているママもいます。

かぶりタイプ

かぶりタイプは、お腹側にボタンはなく股下にのみボタンがあって、赤ちゃんに頭からかぶせて着せるのが特徴です。

赤ちゃんが動き回るようになってきたらかぶりタイプに切り替える方が多いです。

ロンパースの魅力

ロンパースはおむつ替えがしやすく肌着としても使えるので、ママにとっても赤ちゃんにとっても魅力をたくさん感じられます。

1日に何度もおむつ替えを必要とする新生児の時期には、ボタンを外すだけでサッと楽におむつを変えられるので、ママにとってもメリットがあります。

服を脱がせることなくおむつを替えられるので、トイトレを必要としない2歳頃まではロンパースが大活躍します。

また、ロンパースはお腹が出てしまう心配もないため、ママも安心できますね。

暑い夏の日はロンパース1枚だけで過ごし、寒い冬の日は肌着としてロンパースを使うことも可能です。

工夫次第で1年通して使い回しができるので、コスパも良いのが嬉しいポイントです。

カバーオールとの違い

ロンパースと似ているものでカバーオールがあります。

ロンパースとの違いは、カバーオールは首から足まで覆うものなので、寒い時期に使うのが目的である点が異なります。

海外のカバーオールは足先までカバーするものが多いです。サイズが合わないと動きにくかったり、扱いが難しい種類もありますが、靴下をよく脱いでしまう赤ちゃんにはメリットがあります。

また、夏の時期には半袖タイプなどもあるので、外出用に購入するのもおすすめです。

ロンパースは肌着としても使えるタイプが多いですが、カバーオールは外出用に利用されるケースが多いです。

ロンパースはいつから着る?

ロンパースは、前開きタイプは新生児期から、かぶりタイプは首がすわってから着せる方が多い傾向があります。

前開き・横開きタイプ

前開きタイプは、寝かせた状態で着脱できるため、新生児期から重宝します。

デメリットとして、肌が弱い赤ちゃんは、肌が蒸れてしまうと肌荒れを起こす場合もあります。

そのため、通気性をよくするのが目的で肌着のみで過ごす方も多いので、新生児期は無理にロンパースを着せる必要はありません。

外出をする機会があれば、お出かけ用にロンパースを購入するのもおすすめです。寒い時期に産まれた子は、自宅でもロンパースを着せてもいいですね。

編集長

ロンパースの着せ始める時期は、季節や赤ちゃんによってもそれぞれ異なります。赤ちゃんのペースにあわせてロンパースデビューをしましょう。

かぶりタイプ

頭からかぶるタイプのロンパースは、首が座った時期くらいを目安に着せている方が多いです。

寝返りが頻繁にするようになって動くことが多くなったタイミングで、かぶりタイプに切り替える方が多いようです。

かぶりタイプのなかでも、股下にスナップがついてるもの・ブルマタイプのロンパースがおむつを替えやすいのでおすすめです。首が座った赤ちゃんや腰が座った赤ちゃんなどに向いています。

ロンパースの着せ方

ロンパースの着せ方は、前開き・横開きタイプは、赤ちゃんを寝かせたまま着せることができます。

ロンパースを開いたうえに、赤ちゃんを仰向けに寝かせて、ボタンを止めれば簡単に着せることができます。

かぶりタイプは、頭からかぶせて着せるので、首が座った赤ちゃんや腰が座った赤ちゃんに簡単に着せられます。

動きが激しくなってきたら、そのときの動きにあわせて頭からそのままかぶせられます。

頭が大きい赤ちゃんが着脱できるように作られているため、首元のスナップボタンを外して広げれば、お尻などもスルッと通過して寝かせたまま下から着せられることもできます。

ロンパースはいつまで着せる?

ロンパースは、肌着としても着られるので長い期間使えるのが特徴です。しかし、ロンパースの種類によっていつまで着せるかは異なります。

以下では、ロンパースをいつまで着せているのか紹介します。これからロンパースを用意する方はぜひ参考にしてみてください。

前開き・横開きタイプ

前開き・横開きタイプのロンパースは、赤ちゃんの動きが活発になってきたり、ひとりでおすわりするようになるまで着せる方が多いです。

ボタンが多いので動きが活発になると、ボタンを止めている途中で動き出したりしてしまってママの苦労が増えてしまいます。

手間がかかるようになってきたタイミングで、前開き・横開きタイプを着せるのをやめるケースが多いです。

腰がすわって動き出す時期を目安とするのが適切です。

かぶりタイプ

かぶりタイプは、赤ちゃんが歩き出す時期までは着せている場合が多いです。つかまり立ちをするようになってきたタイミングで、セパレートなどの上下分かれている服に切り替える方もいます。

セパレートタイプに切り替えたあとは、肌着やパジャマとして自宅で長く使うのがおすすめです。

長く着せる方法

ロンパースからセパレートなどに切り替えたあと、サイズアウトをしていないのに着なくなるのは勿体ないと感じる方もいるのではないでしょうか?

ロンパースは、お腹が冷えるのを防止するためにセパレートの下に肌着として着させるのがおすすめです。

また、夜間のパジャマや肌着として着させる方法もあります。寝ているときに寝返りでお腹が出るのを防げるので、2歳頃までかぶりタイプを着させる方も多いです。

赤ちゃんは大きくなるペースも早いので、窮屈そうにしていてサイズ的に厳しい場合は無理して着させる必要はありません。

肌着やボディスーツはいつまで着せる?

ロンパース以外にも、普段からよく使っている肌着やボディースーツ。これらはいつまで着せるのか気になる方もいるのではないでしょうか?

編集長

それぞれのいつまで着せているか目安を紹介します。

短肌着・長肌着はいつまで?

短肌着・長肌着は、産まれてすぐから活用しているママが多いですが、一般的にサイズは50〜60cmが多いです。そのため、生後4〜6ヶ月頃まで着せるのが目安ですが、赤ちゃんの成長に合わせて選んであげてください。

サイズアウトして動きづらそうにしているタイミングで、コンビ肌着に切り替えるのもおすすめです。

コンビ肌着は、前は紐で止めるので通常の肌着と変わらないですが、股下はスナップボタンで止められます。そのため、足をよく動かすようになったら、股下が分かれているコンビ肌着に切り替えることで、赤ちゃんが動きやすくなります。

ボディスーツはいつまで?

ボディスーツとは、パンツとシャツが繋がっていて股下をスナップでとめることができるのが特徴で、下着や肌着として使われるタイプの赤ちゃん服のことをさします。

動き回ることが多くなってきた赤ちゃんに使われることが多いです。

ロンパースと同じようにお腹が冷えるのを防いでくれるので、1歳過ぎ〜2歳頃までは着させている家庭が多く、特別な理由がなければ長く使い続けられるのが魅力です。

ボディスーツの特徴

ボディスーツは、前開きタイプとかぶりタイプがあってロンパースとも似ているのが特徴です。ボディスーツは上下繋がった肌着なので、活発に動くようになってきた赤ちゃんに向いています。

ボディスーツはおもに肌着として使われていますが、ロンパースはスカートやズボンが繋がっているタイプもあります。

ロンパースは肌着のほかにもお出かけ用としても使えるデザインがあります。

ボディスーツは肌着のみを用途としている点がロンパースとの違いです。

セパレートの服はいつから着せる?

セパレートとは、上下分かれている赤ちゃん服のことをさします。セパレートのメリットは、選べる洋服のデザインが増えて、おしゃれの幅が広がる点です。

バリエーションが多くなって組み合わせを変えられるので、着回しも楽しめます。

ロンパースからセパレートタイプに切り替えるタイミングとして、早くて生後4ヶ月〜6ヶ月頃から、遅くても生後11ヶ月〜1歳前後を目安に切り替える方が多い傾向にあります。

以下では、セパレートタイプをいつ頃から着せるのか目安を紹介しますので、これからセパレートタイプを着せる予定の方は参考にしてみてください。

おすわりができるようになってから

セパレートタイプに切り替える目安は、早くても生後6ヶ月頃から、赤ちゃんがおすわりができるようになってからタイミングがおすすめです。

まだ寝返りをうっていたり腹ばいをしているうちは、服がずれてお腹が出てしまうこともあります。そのため、赤ちゃんによってはロンパースのほうが向いています。

赤ちゃんの動き方にあわせて、セパレートタイプに切り替えるのを検討してもいいでしょう。

ハイハイをしはじめたとき

ハイハイをしはじめたら、より活発になって色々なところに移動します。セパレートタイプだと動きやすくなるので、このタイミングで切り替える方も多いです。

ハイハイ期の赤ちゃんは四つん這いの姿勢でひざがいつも床に擦れている状態です。そのため、膝をしっかり守ってくれるような洋服が適切です。

ボトムスはレギンスにすると赤ちゃんは動きやすくて快適です。組み合わせも簡単にできるのでおすすめですよ。

つかまり立ちができるようになったとき

つかまり立ちができるようになったタイミングで、セパレートタイプに切り替える家庭も多いです。また、パンツタイプのオムツに切り替えたときもおすすめのタイミングです。

パンツタイプのオムツを履いている場合、上は着たままでボトムスとオムツだけ脱がしせば、簡単にオムツ替えができます。ママにとっても手間が減るのでうれしいポイントです。

つかまり立ちが好きな赤ちゃんなら、ロンパースのようにボタンをつける必要もないので着脱がしやすくなります。

編集長

つかまり立ちを始めた方には「ヘッドガードを無料でもらう方法」の記事もおすすめです✨

保育園や幼稚園に通い始めたタイミング

保育園や幼稚園に通い始めるのをきっかけに、ロンパースをやめてセパレートに切り替える方も多いです。

園にもよりますが、ロンパースよりもセパレートを推奨している場合もあります。セパレートタイプのほうが先生たちにとっても着替えやすいのが理由です。

園ではオムツを替えるときや、外遊びで汚れたら頻繁に着替えます。そのため、ボタンなど手間がかかるロンパースよりも上下分かれているセパレートタイプのほうが時短にもなります。

ロンパースがサイズアウトした

ロンパースがサイズアウトしたタイミングでセパレートに切り替える方もいます。

ロンパースは90cmくらいまでのサイズを取り扱っている場合が多く、90cmのサイズは2〜3歳までは着られます。

しかし、この頃には歩いていたり活発になっている時期なので、80サイズのロンパースがサイズアウトした段階でセパレートタイプに切り替えることを検討する方が多いです。

ロンパースの選び方

ロンパースにも色々な種類があるため、選び方に悩まれる方も多いのではないでしょうか?

赤ちゃんにあったサイズや、素材やデザインなど、ロンパースを選ぶうえで大切なポイントがあります。

編集長

以下では、ロンパースの選び方を紹介します。

月齢に適したサイズを選ぶ

赤ちゃんは成長スピードが早いので、ベビー服のサイズは10cmごとに展開されているものがほとんどです。

月齢とサイズの目安は以下のとおりです。赤ちゃんに当てはめて検討しましょう。

服のサイズ5060708090
月齢0〜3ヶ月3〜5ヶ月5〜12ヶ月1〜1歳半2歳
身長目安44〜55cm55〜65cm65〜75cm75〜85cm85〜95cm
体重約3〜6kg約6〜9kg約9〜11kg約11kg約12kg

赤ちゃんによってはサイズどおりに用意しても合わない場合があります。そのため、あくまでも目安として考えるのが適切です。

たとえば、足に脂肪がつきやすい赤ちゃんは股の部分だけきつくなってしまうこともあります。

2つのサイズが当てはまっている場合は、大きい方を選ぶのがおすすめです。小さめを買ってすぐにサイズアウトしてしまうより、大きめを用意してちょうどいいサイズになるまで待つ方がコスパも良いでしょう。そのため、サイズ選びに迷った場合は、大きめのサイズを用意しましょう。

また、早めに赤ちゃん服を用意したけど季節に合っていなくて着せる出番がなかったという失敗をすることも少なくありません。

夏物・冬物を購入するときは特にサイズに注意して用意しましょう。

着心地の良い素材を選ぶ

ロンパースは、お出かけのときだけではなく肌着としても使えるのもあります。そのため、肌着として利用する場合は赤ちゃんが着心地の良い素材を選んであげてください。

肌触りがいいおすすめの素材は綿素材です。綿素材は1年中快適に着られるのが特徴で、肌が敏感な赤ちゃんに適している素材です。

肌に優しいオーガニックコットンも今では多く販売されていますので、肌トラブルを起こしやすい赤ちゃんにはオーガニックコットンを選んであげましょう。

用途にあわせたデザインを選ぶ

肌着用にはシンプルなデザインが◎

肌着用にはシンプルなものがベストです。濃い色味の柄やキャラクターものは、トップスから透けて見えてしまうこともあります。そのため、無地や薄い色味のシンプルなものがおすすめです。

装飾が多いと着心地にも影響してくるので、フリルや襟などは避けて用意してあげるのが適しています。

お出かけ用には装飾つきで華やかなデザインを

肌着用のロンパースはシンプルなものがベストですが、お出かけ用のロンパースは、襟やフリルなど装飾がついているものがおすすめです。

ロンパースは薄手のものが多く、シンプルすぎると肌着やパジャマのように見えてしまいます。そのため、装飾などでお出かけ用らしいデザインを選びましょう。

女の子はロンパースにスカートをあわせたり、男の子にはレギンスやボトムスをあわせてあげたりすると着回しも楽しめるのでおすすめです。

ロンパースの袖の長さは季節に応じて選びましょう。

安全面・機能面で選ぶ

赤ちゃんが身につける服なので、安全面・機能面で選ぶのもおすすめです。

タグが外側にあるものや、ボタンや装飾が邪魔にならない位置にあるものを選びましょう。赤ちゃんの肌を傷つけないように、直接肌に触れない場所に工夫してスナップボタンがつけられているものが安心できます。

プレゼント用にはブランドで選ぼう

ロンパースをプレゼント用に選ぶなら、普段は自分では買わないようなブランドをチョイスしてあげるといいですよ。

プレゼントする相手の普段のファッションによせた系統がおすすめ。喜んでいる想像をしながら、楽しんで選びましょう。

可愛らしいデザインが好きなママには、gelato pique(ジェラートピケ)のロンパースがおすすめです。

gelato pique

種類は少ないですが、シンプルなデザインから可愛い動物柄など販売されていて着心地も良いのが特徴です。ジェラートピケのロンパースは秋や冬の寒い季節にとくにおすすめです。

編集長

ジェラートピケは大人用のパジャマを多く取り扱っているため、ママにも一緒にプレゼントすると喜ばれること間違いないです

ロンパースのおすすめブランド3選

ロンパースのおすすめブランド3選を紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

petit main(プティマイン)

NARUMIYA ONLINE

プティマインは、アリオなどのデパートにも入っているお店で、トレンドを取り入れているおしゃれなデザインが多いのが特徴の人気ブランドです。

お出かけ用におすすめのオシャレな服から、シンプルな着回しやすいデザインまで種類が豊富です。

女の子の服が多いイメージですが、男の子のお出かけ用にもぴったりなロンパースも販売されています。素材にこだわっているロンパースもあって、赤ちゃんが快適に過ごせるよう工夫されています。

実店舗があるため、直接見て確かめられるのもプティマインの魅力です。

MIKIHOUSE(ミキハウス)

MIKIHOUSE

ミキハウスといえば、くまとうさぎの刺繍をイメージする方も多いのではないでしょうか?

ミキハウスは、プレゼント用にもよく選ばれているブランドで、品質にこだわっている日本産の赤ちゃん向けの製品を販売しているのが特徴です。

デリケートな赤ちゃんの肌に配慮して、製品ができるまで、仕上げから梱包まですべての工程を日本国内で行っています。ミキハウスの安全品質は、世界中で愛されているほどの人気で、素材や品質にこだわりたい方におすすめのブランドです。

吸湿性や保温性にすぐれた天然素材を使っていて、裁縫も赤ちゃんの肌に負担をかけないように工夫されています。

Carter’s(カーターズ)

Amazon

カーターズはアメリカで大人気のブランドです。日本にないデザインが多く、機能性が高いのにお手頃価格なのが魅力です。

ポップな明るいカラーで被りにくいデザインで作られており、海外のベビー服が好きな方に向いているブランドです。

手触りが柔らかい素材や、生地や裁縫の品質の高さでも評判がいいです。

ロンパース5枚セットなどのセット売りが多いので、インナーや重ね着にも使いまわしがしやすいですよ。

編集長

カーターズが気になる方は、キャリーオンから探すと分かりやすいのでおすすめです!

Organically(オーガニカリー)

Organically

オーガニカリーは、アレルギーや皮膚が弱い方でも安心して着られるように、オーガニックコットンを使用しているブランドです。

厳しい認証機関の基準をクリアしたオーガニックコットンを使用して、生地から縫製まで日本で行っているのが特徴です。赤ちゃん服だけでなく、レディースやメンズ服まで取り扱っているので、子どもから大人まで安心して着られます。

編集長

着心地や品質にこだわっているため、プレゼント用にもおすすめのブランドです。

季節別のおすすめロンパース

ここからは、季節別におすすめロンパースを紹介します。

春・夏におすすめのロンパース

編集長

まずは春・夏におすすめのロンパースからご紹介!

長袖ナチュラルプリント ロンパース

Organically

春におすすめなのは、オーガニックコットンの生地にオリジナル柄をプリントした2wayタイプのOrganicallyのロンパースです。

肌に優しいオーガニックコットンは、肌トラブルが気になる赤ちゃんにも安心して着られる素材です。

縫い目も刺激が少なくなるように配慮をしているのも嬉しいポイントです。

サイズ展開は60サイズと70サイズで、ワンピースにすればもう少し早い月齢から着用できます。おむつ替えもスナップの手間がかからないのは、ママにもうれしい作りです。

半袖前開きロンパース2枚組 速く乾く

アカチャンホンポ

夏におすすめなのがアカチャンホンポの速く乾くロンパース2枚組です。吸水速乾素材を使用しているので、夏に1枚で快適に過ごせます。

2枚セットで1,078円(税込)とコスパが良いのも魅力です。

編集長

赤ちゃん本舗では、プレママの方限定で「プレママ特典」がもらえるキャンペーンをおこなっています!

秋・冬におすすめのロンパース

編集長

次は秋・冬におすすめのロンパースからご紹介!

くまロンパス&レギンスセット

F.O.Online Store

秋・冬の寒い季節におすすめなのが、Ampersand(アンパサンド)のロンパースです。

お手頃な価格だけどおしゃれなデザインで高見えするため、お出かけ用におすすめのロンパースです。

肩まわりにスナップがついているので、着脱もさせやすいのがポイントです。

ハートシフォンドッキングロンパース

NARUMIYA ONLINE

Petit main(プティマイン)のハートシフォンの切り替えが可愛いロンパースは、秋冬におすすめです。お出かけ用にもぴったり可愛らしいデザインで作られています。

肌に当たる部分は綿素材をベースにストレッチがきいていて、着心地も快適です。

編集長

生地を弱酸性に保つ加工がほどこされているのもポイントです。

キルティングロンパース

楽天市場

冬の寒い日におすすめなのがmocmof(モクモフ)のロンパースです。星型アップリケがアクセントになった、あったかいキルト素材でゆらゆらタッセルもポイントです。

程よい厚みのキルト素材なので、もたつかないので軽い着心地で快適に過ごせます。

編集長

フロントのスナップボタンはサイドに寄せているので、うつぶせで寝てもボタンが当たりにくく安心できます。

ロンパースはいつからいつまで着せる?まとめ

この記事では、ロンパースの着せる時期からセパレートタイプなどに切り替える時期の目安や、ロンパースの選び方、おすすめのロンパースを紹介しました。

以下、ロンパースの着せる時期から切り替える時期の目安です。

  • 前開き・横開きタイプは新生児期から腰がすわってきたタイミングまで
  • かぶりタイプは首が座った頃からつかまり立ちができるようになったタイミングまで
  • サイズアウトしていない場合は肌着やパジャマとして長く着せるのもおすすめ◎

ロンパースは、月齢に適したサイズ・着心地の良い素材・用途にあわせたデザイン・安全面や機能面を参考にして選んであげてくださいね。

ママの手間が減るとストレスが減るので、おむつ替えがしやすいタイプを選ぶのもおすすめです。

ロンパースからセパレートタイプに切り替えるタイミングは、ハイハイをしはじめたときや保育園や幼稚園に通い始めたことをきっかけに切り替える方が多いようです。

肌が弱い赤ちゃんにはオーガニックや綿素材のロンパースなど、赤ちゃんとママの用途に合わせたロンパースを選ぶのが大切です。

編集長

今回の記事のロンパースの選び方を参考にしてぴったりなロンパースを見つけてくださいね。

【2022年12月】最強おむつクーポン情報

おむつを激安で買うなら「Amazonクーポン」がおすすめです。毎月更新でおむつ激安情報を追加していきます。(詳しくは「Amazonおむつクーポン」の記事で解説しています)


  • メリーズ ファーストプレミアム(全サイズ)
    20%オフ!
  • パンパース さらさらケア(全サイズ)
    20%オフ!
  • パンパース 肌へのいちばん(全サイズ)
    20%オフ!
  • ムーニーマン(全サイズ)
    15%オフ!
  • グーンプラス 肌快適設計(全サイズ)
    20%オフ!
  • グーンプラス 敏感肌設計(全サイズ)
    15%オフ!

薬局やスーパーよりも安く買えますよ!

enjoy!ままメソッド管理人(ひらめき)
Let’s Share
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

「enjoy!ままメソッド」管理人です。育児や家事全般、ポイ活や無料キャンペーンなどお得情報を定期的に発信します。

目次(クリックで飛べます)