マンチキンのマグ(ミラクルカップ)でうまく飲めない・吸えないという方に|ミラクルカップの使い方・コツを解説!

そろそろコップ飲みの練習を始めたい!

そんな時におすすめなのが『マンチキンのミラクルカップ』です。

コップ飲みの練習アイテムとして歯科医も推奨していて、こぼれないマグ』として人気が高い商品です。

ところが実際に子どもに使わせてみると、「あれ…?全然飲めない…!」と悩まれる方も多いのではないでしょうか。

私も期待大で使わせただけに、意外に苦戦して焦りました💦

この記事では、マンチキンのミラクルカップで子どもがうまく飲めない・吸えないという方に、使い方やコツをご紹介します

「買ったの失敗だったかな」、「もう練習やめようかな」と思う前に、ぜひ一度試してみてくださいね。

目次

マンチキンのマグ(ミラクルカップ)でコップ飲みできるようになる?

結論からいうと、マンチキンのミラクルカップでコップ飲みできるようになります

正確には、コップ飲みにスムーズに移行できます!

はじめから普通のコップで飲ませようとしても、力加減が分からず大量にこぼして水浸し状態になることもしばしば…。

ところがミラクルカップで飲むうちに、自然と「持つ⇒傾ける⇒吸う⇒口に溜める⇒飲む」の一連の流れをする練習になり、普通のコップに変えても短期間で上手に飲めるようになります。

コップ飲みの前の導入として、ミラクルカップからはいるのはとてもおすすめです!

マンチキンのマグ(ミラクルカップ) は難しい?飲めるようになる?

マンチキンのミラクルカップといえば口コミも高く有名ですよね。

でもミラクルカップで飲めるようになるまでには個人差があり、すぐに飲める子もいれば、なかなか飲めない子もいます(うちの子もそうでした)。

口は付けるけど吸い方が分からず飲めない、持たせても遊んでしまう、という場合も多く、「本当に飲めるようになるの?」と心配になりますよね。

でも大丈夫です、安心してください。

言葉が分からない状態で初めて使うものが上手く使えないのは当たり前です。

多少時間がかかっても、仕組みが分かれば、もしくはコツが掴めれば、ちゃんと飲めるようになります

飲めるようになると本当に楽なので、赤ちゃんがコツを掴めるようになるまで、少しの間あきらめずにがんばりましょう!

マンチキンのマグ(ミラクルカップ)はいつから使える?

マンチキンのミラクルカップはハンドル付きとハンドルなしの2種類があります。

ハンドル付きは6ヶ月~、ハンドルなしは12ヶ月~対象となっています。

コップ飲みの練習は、生後7~8ヶ月頃から始めるのが良いとされていますので、ハンドル付きであればコップ飲みの練習用として初期から使用できます

コップ飲み練習はいつまでに完了させるべき?

母子手帳では、1歳6カ月のチェック欄に「自分でコップを持って水を飲めますか」という項目があります

そのため『1歳6カ月』を目安として練習を進めると良いですよ。

特に保育園への入園を検討されている方は、入園までに飲めるようにしておくとベターです。

ストローマグと並行して練習しよう!

ストロー飲みとコップ飲みでは唇や舌の使い方が全く異なるため、どちらのトレーニングも行った方が良いとされています。

最近は唇の発達が未熟で、口が開けっ放しの子、歯並びが悪い子が増えているそうです。

ストロー飲みとコップ飲み、両方のトレーニングを通して唇をしっかり鍛え、舌の正しい位置を覚えることで、後々のトラブルを防ぐことにつながります。

後々のために両方がんばりましょう!

マンチキンのマグ(ミラクルカップ)の優れている点

マンチキンのマグ(ミラクルカップ)の良い点は『こぼれない』『どこからでも飲める』『洗いやすい』ことです。

これは子どもとママパパ、双方にとって嬉しいポイントですね。

こぼれない

マンチキンのミラクルカップの最大の魅力が『こぼれない』ことです。

子どもって、倒す、逆さにする、振る、落とす、逆さにして振る、投げる、のオンパレード。

普通のコップだと少しも目が離せず、大人がそばに張り付いて補助してあげないと大変なことになります。

でもミラクルカップは子どもが多少雑に扱っても全然こぼれません

飲むときに傾けすぎても吸った量しか出てこないので、コップ飲みの練習にぴったりです。

子どもに1人で持たせておいて途中で遊んでしまっても大丈夫なので、張り付いておく必要がなくてとても楽ですよ。

手の届くところに置きっぱなしにしても心配いりません。

うちの子が逆さにして振って遊んでいても全くこぼれませんでした!

どこからでも飲める

ストローマグと違ってミラクルカップは『360℃どこからでも飲める』ので、子どもにとって飲みやすい容器です。

パパママが持たせる時も特に向きを気にしなくて大丈夫。

どこからでも飲めるのは普通のコップも同じなので、力加減を習得してしまえば普通のコップへの移行がかなりスムーズにいきます。

洗いやすい

マンチキンのミラクルカップのパーツ

ミラクルカップは細かいパーツがないため、とても『洗いやすい』です。

ストローマグだとストローの中を洗うのも大変だし、凹凸が多い作りなのでカビやすいですよね💦

ミラクルカップはパーツ1つ1つがシンプルな作りなので、洗いやすくカビにくくて、衛生的に保ちやすくなっています

後述もしますが食洗機もOKなんです!

ミラクルカップは色が派手なので、カバンの中から見つけやすいのも嬉しいポイントです!

マンチキンのマグ(ミラクルカップ)の組み立て方

ミラクルカップは キャップ/バルブ/フタ・パッキン/カップ の主に4つのパーツから成ります。

ミラクルカップのパーツ名称
引用元:DADWAY公式ホームページ

組み立て方はとても簡単です。

  1. パッキンを付けたフタを回転させてカップに取り付ける
  2. フタの上にバルブを置き、中心のハートマーク部分を強く押して取り付ける
ミラクルカップの組み立て方
引用元:DADWAY公式ホームページ

お出かけの時はキャップをつければ衛生的に持ち運べます。

マンチキンのマグ(ミラクルカップ)の使い方(飲み方)

ミラクルカップは、ボトルを傾けてバルブのフチを吸うと飲めます

倒しても逆さにしても『こぼれない』だけあって、ただ傾けただけでは飲めません。

吸うのがポイントです!

小さな月齢の子でも持ちやすいハンドル付きタイプと、かさばらないハンドルなしタイプの2種類があります。

容量はそれぞれ207ml(ハンドル付きタイプ)、296ml(ハンドルなし)です。

かわいい動物柄シリーズもありますよ!

マンチキンのマグ(ミラクルカップ)で飲めない・吸えない時のコツ

口コミが高いミラクルカップですが、すぐに飲める子もいれば、初めは苦戦する子もいます。

口は付けるけど吸い方が分からず飲めない、持たせても遊んでしまう、という場合も多く、焦ってしまうパパママもいるのではないでしょうか。

そこで私が息子の時に行った、うまく吸えない時に試したことを3つご紹介します

吸えない時のコツ① 吸う様子を見せる

「ミラクルカップに口は付けるものの飲めない」という場合は、『吸って飲む』ということを理解できていない可能性が高いです。

そういう場合はまず大人がお手本として吸って飲む様子を見せてあげるのが良いです。

その際は少し大げさにやった方が伝わりやすいですよ。

子どもは大人が使っているものに興味を持つので、真似して飲んでくれやすくなります。

大人が使った後は消毒してから使わせると安心ですね

吸えない時のコツ② 好きな飲み物を入れる

好きな飲み物を入れると、子どもの練習意欲を高めることができます

ミラクルカップに入っている飲み物が好きな飲み物だと気付くと、なんとかして飲もうと必死に挑んでくれます

うちの子は、自分で格闘しているうちにコツをつかんで飲めるようになりました。

麦茶や水でなかなか飲もうとしない場合は、ミルクやジュースで試してみてくださいね。

好きな飲み物と分かると目の色が変わります!笑

吸えない時のコツ③ 飲み物を多めに入れる

これは特にストローマグで飲むことに慣れている場合に試してみてほしいことです。

ストローマグは顔を傾けずに飲むので、それに慣れていると顔を傾けて飲むことに違和感を覚える子もいるかと思います。

そういう子は、ミラクルカップの中の飲み物が少ないと、たくさん傾けて飲まないといけないので、余計ハードルが上がってしまいます。

始めは吸えるか分からないので少なめにしてしまいがちですが、できるだけ飲み物を多めに入れてあげると良いですよ。

マンチキンのマグ(ミラクルカップ)のお手入れ方法

ミラクルカップのお手入れ方法をご紹介します。

食洗機は使える?

マンチキンのミラクルカップは食洗機に対応しています

洗い分けなくて良いのはとても助かりますよね!

電子レンジは使える?

ミラクルカップは電子レンジの使用はNGですので気を付けましょう。

普段の消毒で電子レンジを使われている場合は注意が必要です。

消毒したい場合は?

ミラクルカップは全てのパーツで、ミルトンなどの薬液での消毒が可能です。

またキャップ以外のパーツは、煮沸でも消毒できます

薬液消毒 キャップ /バルブ/フタ/パッキン/カップ
煮沸消毒 バルブ/フタ/パッキン/カップ

マンチキンのマグ(ミラクルカップ)の注意点

万能なミラクルカップですが、注意点として押さえておきたいポイントもあります。

絶対にこぼれないわけではない

ミラクルカップは大抵の衝撃に耐えてくれますが、たま~に漏れることがあります

ほとんどが、すごく激しく扱ったり、落としたりした場合でした。

多少の激しさでは漏れることはありませんが、あくまで『こぼれにくい』という認識でいた方が良いと思います。

ただもし漏れた場合でも数滴程度なので、大惨事になることはまずありません。

まれに吸えないままの子もいる

ミラクルカップは世界中で支持されていて、トレーニングマグ・カップの中で大人気商品ですが、まれに練習しても使いこなせない子がいます。

どんな商品も子どもに合う合わないがあるので、しばらく練習しても全然飲めるようにならなかったり、嫌がったりしたら、無理に使わせなくても良いかもしれません。

また時期をズラして試してみたらすんなり飲めたという場合もあるようです。

パーツ交換はバルブのみ可能

ミラクルカップといえど、ある程度使っているとだんだんと劣化してきて漏れやすくなったりする場合があります。

全て買い替えるのではなく一部のパーツのみを交換したいという場合は、バルブのみ交換用パーツが販売されています

バルブはシリコン製ですので、劣化を感じてきたら交換するのがおすすめです。

一方カップやフタはポリプロピレン製のため、交換するほどの劣化の心配はまずありませんが、万が一劣化した場合は丸ごと買い替えとなります。

まとめ

いかがでしたか?

本記事では、私の実体験を踏まえて、マンチキンのミラクルカップで子どもがうまく飲めない・吸えない場合の使い方・コツをご紹介しました。

少しでも悩まれている方の参考になれば嬉しいです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

知育情報をお届けする「ちいくびより」管理人です。
おもちゃレンタルサービス、知育玩具、通信教材の情報を定期的に更新しています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる