【幼児教育】100玉そろばんのデメリットとは?効果やおすすめ商品の解説付き

【幼児教育】100玉そろばんのデメリットとは?効果やおすすめ商品の解説付き

この記事では、子どもに数の概念を教えるアイテム「100玉そろばん」について解説します。

数や算数は小学生から習い始めますが、早い時期から学んでおくことによるメリットは大きいです。

特に6歳までに人間の脳は90%が完成しますので、それまでに数の教育をしていたかどうかで非常に大きな差が生まれます。

そこで役に立つのがこの「100玉そろばん」

100玉そろばんを選ぶときにきっと分からないことが多いと思うので、この記事では詳しく解説していきます。

この記事はこんな人におすすめ

  • 幼少期から数を学ばせたい
  • 100玉そろばんの効果を知りたい
  • 100玉そろばんのメリット・デメリットを知りたい
  • 100玉そろばんの人気商品が知りたい
ずぼら妻

100玉そろばんってなに?
どんな効果があるの?
メリットやデメリットも気になる・・・💦

ずぼら夫

そういった疑問はこの記事で解決できるよ!

少し長い記事ですが、もしよかったら最後まで読んでみて下さい♪

また、他の記事では実際に試してみて良かった知育玩具を紹介しています。

幼児教育に興味がある方は是非立ち寄ってみて下さい✨

さらに【0歳児~1歳児】向けベビー用品も紹介していますので、こちらも是非ご一読下さい♪

目次

100玉そろばんとは?

100玉そろばんの写真
引用元:AmazonWebページ

100玉そろばんとは、その名の通り「100個の珠があるそろばん」のこと。

10個の珠のついたレールが縦に10本並んでいるので、全部で100珠あるわけです。

珠を手で動かして遊びながら数を学ぶことができる代表的な知育玩具になります。

対象年齢は幼児(0歳)~小学1年生(6歳)向けの知育玩具です

100玉そろばんが幼児や小学生に効果的な理由

クエスチョン画像

100玉そろばんが数の教育に効果的とされているのには理由があります。

ずぼら夫

100玉そろばんには次のような効果があるよ✨

数を数えられるようになる

幼児のお子さんは、まずは数を数えることから始めましょう。

人に数を数えてもらうのと、自分の指で動かしながら数を数えるのとでは実感が大きく異なります。

そのため、最初のうちはお子さんの指を親御さんが動かしてあげることがポイントです。

100玉そろばんの一番上のレールの珠を使いながら、まずは1から10までの数を数えられるようにトレーニングしましょう。

指を使うことは脳への刺激にもなりますので非常にいい効果が期待できます✨

数のかたまりを理解できる

100玉そろばんは10進数を理解しやすいようにできています。

10進数とは簡単にいうと「”10″を数のかたまりとして捉えること」です。

100玉そろばんの数のかたまりの図

100玉そろばんは10珠×10レールに分かれているので、

『数が10ごとにまとまっている』

ということが直感的にわかります。

自分の手で珠を動かしていくことで、少しずつ「数の概念」を学ぶことができます✨

数の分解・合成を理解できる

『数の分解・合成』とは例えば、

1073に分解できる
73を合成すると10になる

ということを指します。

100玉そろばんの数の分解・合成の図

大人からすると当たり前に思えることもお子さんにとっては難しいです。

珠を左右に寄せたり離したりして数の分解・合成を学べるのはいいですよね♪

四則演算のベースとなる『足し算』や『引き算』の練習にはまさにピッタリです✨

ずぼら夫

100玉そろばんには『5珠ごと』に色分けされているものもあるよ!

100玉そろばんのメリット・デメリット比較

100玉そろばん_数字

100玉そろばんにはデメリットも当然ありますので、デメリットを正しく理解した上で購入することをおすすめします。

100玉そろばんの『メリット』『デメリット』は以下の通り。

100玉そろばんのメリット

● 数の概念がわかりやすい

● 手を動かして遊べる

● 0歳~6歳まで長く遊べる

100玉そろばんのデメリット

● ひとり遊びには向かない

● 飽きないような工夫が必要

● 重くて持ち運びが不便

メリットは比較的わかりやすいと思うので、デメリットを中心に集中して解説します。

100玉そろばんのデメリット①:ひとり遊びには向かない

100玉そろばんは、幼児だとひとり遊びには不向きというデメリットがあります。

というのも珠を左右に動かすだけのただのオモチャになってしまうからです。

ですので、必ずパパママがセットで教えてあげなければいけません。

とはいえ、『数の教育』はお子さんがひとりでできるものではありませんので、こちらのデメリットは仕方ないと割り切りましょう。

ずぼら夫

お子さんへの教え方は次のようにするといいでしょう✨

STEP
【0歳~1歳】声で数えながら指を動かしてあげる

まずは100玉そろばんに興味をもってもらうことが大切です。

最初はパパママが声を出して数を数えてあげることから始めると良いでしょう。

珠を指でさしながら『いち、に、さん…』と数えてあげて下さい。

そのときにお子さんの指をもって動かしてあげるとさらに効果的です✨

STEP
【2歳~3歳】自分の手で動かして数かたまりを教える

2歳くらいになると、数をかたまりでとらえることができるようになってきます。

『7と3はどっちが大きい?』
『5のかたまりが2つ合わさるとどうなる?』

のような会話をして、数の合成・分解を理解させてあげましょう。

STEP
【4歳~6歳】足し算・引き算を教える

早いお子さんだと4歳くらいから足し算・引き算を覚えはじめます。

『6のかたまりと、5のかたまりが合わさるといくつになる?』
『11のかたまりから、4のかたまりを除くといくつになる?』

こんな感じで四則演算を教えてあげましょう。

100玉そろばんがひとり遊びには向かないことはデメリットですが、裏を返せばパパママとの勉強を始めるいい機会になります✨

パパママも積極的に参加して、お子さんの算数力を一緒に伸ばしてあげましょう。

100玉そろばんのデメリット②:飽きないような工夫が必要

100玉そろばんはお子さんからすると少し飽きを感じやすいかもしれません。

ですがこのデメリットはちょっとした工夫で解決できます♪

例えば、珠を『動物』『キャンディー』などに例えてあげてください(^^)

また珠を動かすときに、色々な動かし方をしてあげることも効果的です。

一番上のレールだけを使うのではなく、たくさんのレールを使ってあげたほうが刺激的で楽しんでくれます✨

ずぼら夫

飽きやすいといったデメリットは少し工夫することで乗り越えられるので、是非試してみて下さい(^^)

100玉そろばんのデメリット③:重くて持ち運びが不便

デメリットの最後は『重さ』です。

100玉そろばんの重さはメーカーにもよりますが、

重さ:約400g~3000g

とけっこう幅があります。軽いものはその分小さくて機能が少ないですが、持ち運びには便利です。

逆に3キロもあるとリビングから子ども部屋に動かすのもひと苦労💦

重さのデメリットを許容するかどうか考えて、是非ご家庭にあったものを選びましょう。

ずぼら夫

デメリットを紹介した後は、100玉そろばんの選び方を解説していきます♪

100玉そろばんの選び方

100玉そろばんを選ぶ際は以下のポイントで選ぶことをおすすめします。

【扱いやすさ】
● 机に置きやすいサイズかどうか
● 重すぎないか

【機能のよさ】
● フレームに数字が書いてあるかどうか
● 5珠ごとに色分けされているか

ずぼら夫

ポイントを簡単に解説していきます♪

100玉そろばんの選び方①:机におきやすいサイズを選ぼう

デメリットでも解説しましたが、100玉そろばんは大きくて重いと扱いづらくなります。

お子さんが小さいうちはフローリングに置いて遊ばせるので大きくても困りませんが、お子さんが成長するにつれてだんだんと机に座らせて遊ばせたくなります。

今のお子さんにあわせて大きいものを選んでしまうと、机の上に置いたときにお子さんの手が届かなくて使いにくいです。

例えば、トモエ製の100玉そろばんは高さが26センチなのでちょうどいい大きさです✨

100玉そろばん(トモエ)のサイズ
引用元:教育研究所Webページを元に本サイトが編集
ずぼら夫

商品を選ぶときにサイズ・重さをしっかりとチェックしましょう!

100玉そろばんの選び方②:フレームに数字が書いてあるかどうか

100玉そろばんには、フレームに数字が書いてあるものと書いてないもの2種類があります。

100玉そろばんの数字

好みによりますが『数字が書いてあるタイプ』をおすすめします。

数字が書いてあると、早くから数字を覚えられますし四則演算の上達も早くなると思います。

ただ数字が書いてあるタイプは背面の板がついてきますので、その分だけ重たくなります。

ずぼら夫

重さとトレードオフの関係なのでお好みで選びましょう♪

100玉そろばんの選び方③:5珠ごとに色分けされているか

100玉そろばんには『5珠ごと』『10珠ごと』に色分けされているものがあります。

10珠ごとでも十分ですが、5珠ごとのほうが数の分解・合成の理解がしやすいです

100玉そろばんの5珠色分け

例えば、

● 青が『5』+赤が『3』=合計『8』(数の合成)
● 合計『7』-赤が『2』=青が『5』(数の分解)

のように『5』を軸に考えることができるので、数の分解・合成の感覚をつかみやすくなります。

おすすめの100玉そろばん4選

最後に私が最もおすすめしたい100珠そろばんを紹介します。

ずぼら夫

最強の100玉そろばん3選を紹介するよ✨

100玉そろばん①:トモエ製

トモエの100玉そろばんは大人気商品の一つ。

5珠ごとに色分けされており、背面の数字はないですがその分軽くて扱いやすいのが特徴です。

お悩みの方は、トモエの100玉そろばんを買っておけば間違いなし・・・!!

100玉そろばん②:七田式

七田式は有名ですが、100玉そろばんも発売しています。

こちらは背面に数が書いてあるタイプです。

50ごとに同色を使用しているのが特徴です。

100玉そろばん③:数字カード付きタイプ

トモエ製と似ていますが、数字カードが付いているものもあります。

こちらは100玉そろばんを動かしながら数式で教えられるのがメリットです。

こちらも人気のシリーズですので是非お買い求めください✨

100玉そろばん④:組立キットタイプ

こちらは自分で100玉そろばんを組み立てることができるタイプ

自分で作ることで数字の意味についての覚えが早くなります。

こちらの商品は個人的に最もおすすめです♪

算数の能力を本気で伸ばしたい方向け

算数教育を本気で行いたい方には「RISUきっず」をおすすめします。

タブレット教材を使った算数特化教育ですので、算数能力の向上がかなり期待できます✨

こちらの記事で詳しく紹介していますのでご一読下さい!(ブログ限定クーポンあり)

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる